Feed Rss



アダルトな出会い BET3
パラレル
パラレルのバナー
管理人が勧めるNo1

一番のオススメ出会い系サイトといえばパラレル!管理者自らが登録し、出会えたサイトの一つ。女性が選ぶ人気出会い系サイトランキングで常に上位をキープし続けている。

らぶらぶメール
らぶらぶメールのバナー
高確率な出会いで人気!

らぶらぶメールは、安心できるアダルト目的の出会いサイトとして口コミで評判!ヤラセはなくで女性会員は出会いを探している一般女性のみと評価されていた。フリーメールで登録できるので安心して使える。

SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
大人向けのコミュニティ

理想の相手探しに使えるアダルト出会い系として、口コミ掲示板でも評価が高い優良サイト。年齢層は比較的若い人が多く、みんな出会いにも積極的。

出会いのチャンスは逃してはいけません

出会いと言っても、一般社会での出会いは、テレビのドラマと違い、そんなにロマンンティックに展開するわけではないのです。
「夢」のようなことばかり考えて続けていると、出会いの機会はどんどん減り続け、「こんなはずでは」といった事態に陥ることになります。
そうならないためには、「出会い」のチャンスは逃してはいけません。
ことあるごとに「お誘い」にはのることです。
そして並行して、出会い系サイトなどを訪問して、チャンスは逃さないようにします。

「自己改革」というと難しいような気がしますが、要は「高望み」する気持ちを抑え気味にすることも大切です。
男性であれば、「タレントの○○似の……」とか、女性であれば「年収1,000万は欲しい」とかの要求をひとまず胸にしまい込みましょう。
この世の中に「女優」や「白馬の騎士」が簡単に手に入ることなど0だと思いましょう。
先ずは、そこから出発すれば「出会い」のチャンスは広がります。

「間違った恋愛の仕方」に縛られてはいませんか。
愛する行為は、男性側が積極的にならなければならないという「呪縛」から、そろそろ開放されてもいいように思われます。
アメリカでも60年代に「When a man loves a woman.(男が女を愛する時)」という歌が流行りましたが、「愛の積極性」は男女どちらが主導権を採ってもいいはずです。
とかく最近では、「草食系男子」とか「肉食系女子」などという言葉が取りざたされています。
愛の主導権は男女どちらからでもOKなのです。
こういうフレキシブル性が容認されなければ、これからの恋愛は、なかなか成立しないのではないかとの危惧も出ています。
草食系男子にとっての愛の主導権は、なかなかきついのもがあるからです。
男子とは「こう在らねばならない」的な言葉はもう古いのです。
恋愛は男女双方にとってもっと自由であるべきです。
世の女性たち、男の負担を軽くしてくれませんか。
そうすると、恋愛劇も百花繚乱の爛熟期を迎えられると思うのですが。

このごろの恋愛に発展するきっかけは、携帯やスマホの普及を無視しては考えられません。
職場が同じ場合は、「飲み会のお誘い」のためとか「仕事の打ち合わせ」とかの理由で、相手のメールアドレスや電話番号を聞き出すことは簡単です。
仕事や仕事に付帯することにかこつけて、連絡先を聞き出すことには女性は案外無防備なものです。
このように、先端技術の恩恵を受けるようにすると、物事のきっかけ作りには功を奏すことになります。
あとは「一緒に撮った写真を送りたいから」などと言って、アドレスを聞き出す手もあります。
一昔前、一眼レフが流行った当時は、女性のポートレイトをグラビアみたいに撮って、「送りたい」からとか言って、住所を聞き出すテクもありました。
男性の思惑は当時も今もあまり変化は見られません。

恋愛に至るきっかけ作りの肝は「優しさ」にあるのです。
女性は男性に「通り一遍の優しさ」なんか求めていません。
女性たちは男性が「ものにしよう」と思って繰り出してくる手には辟易しています。
誰にでも分かる「取って付けた」ような優しさは求めてはいません。
「感動の共有」こそが決め手なのです。
かつては映画館で、一緒に見た「野生のエルザ」のラストに、彼氏が思わず涙を流すのを見て、彼女は彼氏の「涙」に感動して付き合うようになったというエピソードもありました。
「感動の共有」とは、具体的に何かをもっと突き詰めて考えて欲しいと思います。
趣味が同じ場合などは「感動の共有」がしやすいのではないでしょうか。
スポーツバーで、ひいきのチームを一緒に応援するなどはどうでしょう。

相手への「気配り」のない恋愛は成立しません。
例えば、メールの返事が遅れてしまった時などは、相手は良からぬ想像をしてしまいがちです。
一旦、そういう事態になってしまえば、修復には時間と努力がかかります。
忙しいからと言って、メールの返事をほったらかしにしたりすることはNG。
短くても即メールを送ります。
後で、ちゃんとしたメールを送れば済むことです。
「まめに・億劫がらず」が、相手との距離を縮めることに繋がります。

今も通用するのか「ツン・デレ」という言葉が流行ったことがありました。
これを男性がやったらおしまいです。
何か、勘違いしている男性が時たま見られますが、相手を「冷たくあしらうと、ついてくるものだ」という誤った考えを未だ持ち続けている男性がいます。
これは今も昔も関係なくやってはいけないことです。
昔はどうかはともかく、現代ではそんな態度をとれば、ことごとく失敗するでしょう。
流言やその道の「ことわざ」に惑わされてはなりません。

男と女の恋愛のピークは、全く違うことにも注目しなければなりません。
男性は彼女を口説き落とした時点でピークを迎えます。
「これは俺の女だ」という気持ちです。
なので「吊り上げた魚には餌は必要ない」と思ってしまうのです。
しかし、女性の場合は口説き落とされてから恋愛感情のピークを迎えます。
自動車エンジンで言えば、男女の「圧縮上死点」、いわゆる恋愛の爆発点は微妙に違います。
男女の恋愛感情のピークは「バレーボールの時間差攻撃」のようなもので、タイムラグが存在します。
このことを理解しないと、口説き落とした時点からのその後の展開は、大きく違ってしまいます。
恋愛経験の多い人と少ない人との差は、積極性に関わっていることがあります。
恋愛に「億劫・面倒」の感情は禁物です。
休まず、臆せず、果敢に挑戦することが成功への道なのです。